溺愛

いろいろなの事があって... 
気が付けば お盆も終わろうとしているよ

月日が経つのが とても早い


今年は本当に毎日が暑くて... エアコンを切る事が出来ない。 

電気代が怖いよ~と思いながら欲望のまま エアコンON!


みなさん お元気ですか?
ご無沙汰してます。


5月の終わりに ちょいと入院をしていました。
去年から 治療しようと思っていたところを腹腔鏡手術で取ってきました。


しばらく会社を休んで また仕事に戻ってます。

最近の医療はすごいよね
内臓がひとつなくなっても 薬もなく 普通に生活が出来るという。
傷一つないと言う...。ありがたい。

しばらく 疲れやすく 調子が悪かったけど....
術後すぐに 今度は父が手術を受ける事になり
気が付けば 父の事で 自分の手術の事を忘れていたという


手術...
私の場合 術前 元気でどこも痛くもなく不調もなく
将来的にも 何も無く過ごせる場合もある 
でも最悪の場合 開腹したり ガンになる事もあると言うので
予防的に手術をする事にしたけど

決めるにあたって 今、元気なのに 
手術の後遺症で体調が悪くなることだってゼロではなく
ある程度のリスクはあり
そのリスクが怖くて 温存するか取ってしまうか 悩みました。

手術する事で 今の健康が奪われるのが怖かったから。


父の手術は 私の何倍もリスクが大きくて
78歳 そんなリスクを負ってまで する事ないと私は反対だったけど...

孫(娘と息子)の将来が楽しみで 孫の先をもう少し見たいと言う強い思いで 
大きな手術を受けることにした父。

元気で 食欲も旺盛で シャンシャンと歩いて
希望いっぱいで入院した父


手術自体は成功したけど
後遺症が 沢山 残ってしまいました。

ショックを受ける母に
動揺する兄

自分ひとり 冷静だったよ。
薄情なのかも (笑)

こうなる事は 想定内だったよと母に言うと 驚いていた。

母は 手術をした事を後悔し
私は 仕事の都合で手術前の説明に出席しなかった事を後悔したよ。

父母兄の3人で 説明を受けて
リスクの話で 父がまさかそうなるとは思わなかったから
それ以上深く色々聞かなかったって...。


たとえ私が リスクの事を再確認しても 父は手術を決めただろうと思う。
だから後悔しなくてもいいのだと思うけど。



後遺症のひとつに

私だけが分からなくなっってしまった....


まわりからは 溺愛されていたからかな? って


溺愛されていた自覚は全くない (笑)


ちょうど 昨年ごろ
自分だけ父に忘れられた そんな主人公の小説を読んでいたから
そんなにショックじゃなかった
そんな現実もあると もしかしてそんな事になるかも そんな風に思っていたのかも。

やっぱ 薄情だからかな?
溺愛されていた事を知っていたからかな(笑)


娘の家族の旦那さん(ムコ殿)も 娘と息子(孫)も 分かるけど
娘だけが 欠落しているようだ

不思議だよね



そうね...ショックと言うより 

薄情な兄の事は 覚えていて気にかける父
それが何となく 気に入らないかな (笑)ハハハ
やっぱ 長男なんだよね~

しかたないかぁ~

毎日会いに行っているのは 娘なんだけどね...
やっぱり 娘って つまらんよね~



来週 本格的にリハビリをするために
我が家の近くの病院に 転院します

今までは 片道 車で40~50分掛っていたので 通うのは楽になります。


少しでも早く 家に帰れるように頑張って~ Fight




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)